忍者ブログ
中学のころに熱中していた天体観測を数十年ぶりに再開してます。
[245]  [243]  [242]  [240]  [241]  [239]  [238]  [236]  [234]  [233]  [231
月が出てくるまでの短い時間ですが、オートガイダーのテストを兼ねて5分間露出にトライです。

Nexguideはシガーソケットからの8V電源にて、SE2赤道儀は100VのAC出力経由の電源で使い分けることで、
バッテリー電源からの電源供給としました。


3天体ほど撮影して終了です。
Nexguideを使ってみて気が付いた点です。

1)画像処理は追いついていませんが、Nexguideの露出時間4秒、1秒、0.5秒による写像の違いを確認することができました。
後で画像を確認したところ、露出時間が短いほど星が点像になっていました。
1秒以内が良いようです。
また、今回のレデューサによるF値300mmのガイドスコープでも十分ガイドに耐えうることが確認できました。

2)センサー内にひとつ以上の認識できる星があれば、あらかじめ十字線の中央に星を調整しなくとも自動でひとつの星をlockしてくれるようです。lockされた星が下の写真のように中央に表示されます。BRIで20以上の値があり、星の点像がガイドエリア内に確認できれば、すぐにlockコマンドに移行すればOKでした。
  

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Twitter
最新コメント
[05/05 茅ヶ崎の小太郎]
[05/01 オヤジ]
[12/13 茅ヶ崎の小太郎]
[12/11 オヤジ]
[12/05 NONAME]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3
6 7 8 9
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ご来場
忍者ブログ [PR]