忍者ブログ
中学のころに熱中していた天体観測を数十年ぶりに再開してます。
[269]  [267]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [256
日曜日の夜、少し晴れたので自作ポータブル赤道儀の試運転に茅ヶ崎海岸まで行ってきました。
片手で三脚を付けたまま持ち、カメラはリュックに入れて自転車でお気軽移動できるのが良いところ。


ただ、初めての星野写真ということもあり、課題が色々出てきました。対策をしなくては。

1)『F値の設定が適当だった』
後で気がついたのですが、F5.6と暗い設定のまま撮影していました。こりゃだめだ。
普段、望遠鏡に接続して撮影しているのでレンズの絞りなんかノーマークなのがいけなかった。

2)『写真に黒いシミがあるぞ』
中古EOS X2におまけでついていたレンズですが、画面の端に黒いシミが写りこんでいました。
中のレンズにカビが生えていたようです。こりゃだめだ。

3)『極軸合わせ精度』
50mm3分ガイドでも星が流れている場合があり、4分ガイドは全滅。
80mm3分ガイドはすべて流れていました。
もともと精度は要求していませんが、極軸合わせは少し改良したいところです。
広角レンズ2分露出ならば問題にはならない範囲と思いますが。


<火星とおとめ座付近>
50mm 3分ガイド 追尾は成功

EOS X2 CLSフィルタ ISO1600 180秒 EF35-70 50mm/F5.6 

<さそり座付近>
3分ガイドですが、少し流れ気味です。ダイヤルの回し方が雑だったのも影響していました。
 
 
EOS X2 CLSフィルタ ISO1600 180秒 EF35-70 50mm/F5.6


ということで、少しだけ対策をこの1週間で実施。

1.レンズ購入 
Canon EF 28-80mm 1:3.5-5.6 Ⅳ
といっても、ヤフオクでフィルタ、フード付きを2000円で落札したものですが。
状態はとてもよく、まずはこれでOK。



2.極軸望遠鏡

シグナス40Lについていた3倍ファインダーを取り付けました。
これで極軸合わせが楽になります。
さらに、ダイソーの壁時計からユニットを取り出し、蓄光シートで暗闇でもダイヤル操作が
簡単にできるようにしてみました。
なんだか手作り感満載になってきたな(笑

 


次回、35mm F3.5で再チャレンジしたいと思います。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Twitter
最新コメント
[05/05 茅ヶ崎の小太郎]
[05/01 オヤジ]
[12/13 茅ヶ崎の小太郎]
[12/11 オヤジ]
[12/05 NONAME]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ご来場
忍者ブログ [PR]