忍者ブログ
中学のころに熱中していた天体観測を数十年ぶりに再開してます。
[313]  [312]  [311]  [309]  [308]  [307]  [304]  [305]  [302]  [303]  [300

元旦にベランダから撮影しましたが、気流の状態がいま一つでした。
休みの最後ということもあり、近くの原っぱにもう一度撮影に出かけてきました。

夜中2時過ぎ頃、若干気流が落ち着いたタイミングがあり、大赤班がカメラのモニタ越しに良く見えました。

SE200N Or9mm 拡大撮影 PENTAX Q VGA 3分動画撮影 Registaxにて1600枚スタック


動画もUPしました。



SE200NはRV85赤道儀に10kgのバランスウエィトを付けてようやくバランスが取れます。
モータードライブが無いので、高倍率での手動ガイドは結構集中力を要します。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは。
大赤班こんな綺麗に写るんですね!

拡大撮影というのは、アイピースにカメラレンズ無しで接続して撮影されているのですよね?
カニの星空 URL 2015/01/05(Mon)00:16:25 編集
無題
こんばんは。
拡大撮影はその通りです。
以下リンクの拡大撮影用アダプタの中にアイピースを装着し、鏡筒接眼部とカメラの間に挟んで使用しています。
http://www.kasai-trading.jp/31.7projectionadapter.htm

最初のころはバローレンズとWebカメラ+PCでしたが、最終的にこのスタイルに落ち着きました。
茅ヶ崎の小太郎 2015/01/05(Mon)22:54:20 編集
こう チンさん はじめまして
ブログコメントありがとうございます。
同じ世代ですね。
私も出身は関西 大阪で、大学より関東で暮らしています。
中学生のころ、お年玉をためて買ったMIZAR H-100で天体観測と写真撮影に熱中していました。
確か、天文ガイドの広告にあったパノップ光学の10cm F5 反射鏡を購入し、H-100の筒を短焦点に改造し、日本橋 電気街で当時のテレビチャンネル切り替え用の減速ギアとマブチモータを利用したモータドライブを自作して星雲撮影をしていました。
天体観測はここ数年前に再開しています。
アルテア15は、MIZARになじみがあった関係で中古をたまたま入手して使用しています。さすが良き時代の日本製で作りがしっかりしていますね。
光学系が凝っている為、温度順応とか光軸とか条件が揃わないとなかなか良い像を結んでくれない難しい筒ですが、気長につきあいたいと思います。
惑星撮影のほか、いつかは1500mmで銀河撮影をしたらどうなるかもテーマで残しています。
茅ヶ崎の小太郎 2015/01/06(Tue)22:50:44 編集
Twitter
最新コメント
[05/05 茅ヶ崎の小太郎]
[05/01 オヤジ]
[12/13 茅ヶ崎の小太郎]
[12/11 オヤジ]
[12/05 NONAME]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 7
9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ご来場
忍者ブログ [PR]