忍者ブログ
中学のころに熱中していた天体観測を数十年ぶりに再開してます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
5月20日撮影分です。

この日はTamron SP300とOlympus E-PM2の初組合せで、いて座付近の撮影に臨みました。


いて座の球状星団(M22)

Olympus E-PM2 ISO800 90秒×4枚 Tamron SP300 300mm f2.8 CG4赤道儀 ノータッチガイド

拍手[0回]

PR
ゴールデンウィーク撮影分の最後の1枚です。

オールドレンズ(Nikkor 135mm f2.8)とマイクロフォーサーズ機で丁度良い画角になりました。
ピントが青ハロ寄りですが、カラフルなのでよしとします。

Nikonレンズの優秀さに惹かれる今日この頃。レンズ沼の浅瀬で楽しみたいと思います。


Olympus E-PM2 ISO800 90秒×20枚 Nikkor 135mm f2.8 スカイメモS

拍手[0回]

そろそろベランダから土星が見えるようになりました。
4月から5月がマイシーズンです、

シーイングはいま一つでしたが、今年初の撮影です。
 SE200N Or12.5mm 拡大撮影 PENTAX Q  VGA 3000枚スタック

いつもの年鑑も更新してみました。

<木星>
ついでに木星。いつ撮っても貫禄があります。
SE200N Or9mm 拡大撮影 PENTAX Q HD 3000枚スタック

拍手[0回]

 Nikkor 135mm f2.8による改造X4とノーマルE-PM2による撮り比べです。

こちらはE-PM2による撮影です。
赤い箇所がいまひとつ出ませんでしたが、ノイズが少ない感じです。

Olympus E-PM2 ISO800 120秒×15枚 Nikkor 135mm f2.8 スカイメモS

こちらはX4改造カメラによる撮影分です。
やはり赤い星雲がよく写ってくれます。ただし少しノイジーな感じです。
EOS X4(改造)+CLSフィルタ  ISO1600 180秒×17枚 Ai Nikkor 135mm f2.8 スカイメモS

拍手[0回]

三裂星雲と干潟星雲のペアショット再チャレンジ分です。

ノーマルのE-PM2ですが、赤い星雲がそこそこ写りました。
北アメリカ星雲もおそらく大丈夫でしょう。


Olympus E-PM2 ISO800 90秒×20枚  Nikkor 135mm f2.8 スカイメモS

拍手[0回]

ハードオフで先日入手したNikkor 135mm f2.8とOlympus E-PM2の組合せでの初撮影です。
土星を目印に三裂星雲と干潟星雲を同時に納めるつもりでしたが、構図に失敗しました。
ボツにしようかと思いましたが、もったいないので処理しました。
その分、バンビの横顔の一部と散開星団(M23)が入ったので良しとします。

<三裂星雲(M20)と散開星団(M23)と土星とバンビの横顔の一部>

Olympus E-PM2 ISO800 90秒×8枚 Nikkor 135mm f2.8 スカイメモS

1974年製かな。ジャンク箱の中から蘇りました。さすが日本光学。自分的には十分な解像度です。
 


拍手[0回]

ゴールデンウィークの暇つぶし用に、以前より興味があったMIRRORレンズを格安で入手しました。(1600円+送料)
ミラーにカビあり、こちらの動画を参考にさせていただき、初の分解清掃にチャレンジです。
分解できないレンズ内部のカビが一部残りましたが、まあまあきれいになりました。

f8と暗くコントラストが低めなのと、白い被写体はフレアが出るので扱いが難しいです。
マイクロフォーサーズと組み合わせると超望遠になるので、野鳥撮影には使えそうです。
解像度はそこそこあり、お遊び用に活用したいと思います。

SIGMA Mirror 600mm F8





茅ヶ崎海岸にて



拍手[0回]

次のページ >>
Twitter
最新コメント
[05/05 茅ヶ崎の小太郎]
[05/01 オヤジ]
[12/13 茅ヶ崎の小太郎]
[12/11 オヤジ]
[12/05 NONAME]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 5 6
7 9 10 11 12 13
14 16 17 18 19
22 23 24 25 26 27
29 30 31
ご来場
忍者ブログ [PR]